「篆刻体験で錦帯橋を知る」in岩国基地

篆刻する素敵な婦人たち1

篆刻する素敵な婦人たち2


5年くらい前から岩国基地の皆様にも篆刻体験を楽しんでもらっています。海外の方にとって、一時的でも生活する国の文化に親しむことは、とても楽しいことのようです。すでに漢字にも興味を持っており、日本のハンコの習慣にも関心を示されています。紀元前の漢字の形で自分の名前のハンコ(印)を、自分で彫ることはとても楽しいと、篆刻体験は基地の中でも評判をいただいています。

篆刻する素敵な婦人たち3

篆刻する素敵な婦人たち4


今回は17人の素敵な婦人たちが集まりました。岩国篆刻会のメンバー4人でお相手しました。英語力のあるHさんが、「篆刻とはなにか」、「なぜ岩国で篆刻をするのか」、「錦帯橋ゆかりの独立性易禅師が日本篆刻の祖であり、岩国に残した書画や印がある」ことなど説明しました。その説明を聞いている婦人たちの様子には、よく理解できたことがわかり、うれしく思いました。
文化でつながる日本とアメリカ、言葉は違っていても漢字という文字を通じて篆刻印を彫って遊ぶ2時間は有意義なひと時でした。

篆刻する素敵な婦人たち5


次は今月末に予定されています。岩国篆刻会の日米親善のひとときは、これからも楽しく続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください