「独立禅師が伝えた 篆刻印とハンコ」 6月7日から始まる

第10回展チラシ表


6月7日から始まる展示は、五橋文庫所蔵の漢代の銅印と明代の糸印を中心に、篆刻印とハンコの世界を展示します。今岩国では篆刻体験をする人がずいぶん多くなってきています。篆刻とは何か、なぜ岩国錦帯橋の近くで篆刻をするのか、素朴に疑問に思うことがわかるとより楽しくなることがあります。

歴史と共に今ある文化をご案内します。
明日から展示替えのため6月6日まで臨時休館いたしますので、ご了承くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください