故郷ドミニカの友人にプレゼントの篆刻印を

馬江主さん

いきなり来られたこの方は、基地の中で篆刻体験をしたバエシュさんです。今度のお休みに故郷ドミニカに帰ります。その時友人のオルモさんにお土産を彫って帰りたい!と五橋文庫に来られました。

オルモさん「織茂」と彫りました!オルモさんは絵を描くアーテイストだそうです。出来上がった印を持って満面の笑みです。

馬江主さんの絵と印入りの箱

そして見せてくれた写真は、大島みかんの箱にご自分が描いた絵、そして以前彫ったバエシュさんの印、絵の側には「馬江主」の印を押してありました。

岩国の特別な思い出の篆刻印が、故郷ドミニカの友人オルモさんの絵にも押されることでしょう。楽しい時間をいただきました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください