幸運のお守り 「ヤマコウバシと五橋」

枯葉色になったヤマコウバシ

 

緑に染まるヤマコウバシ

幸運のお守り「ヤマコウバシの葉」

ヤマコウバシは秋になると紅葉して、やがて枯葉になっていきます。そして、冬の間その葉は茶色のコートを着ているかのように、枝を離れることはないのです。春を迎えるまでずっと枯葉のままあることに不思議な思いを抱くばかりですが、やがて春になるとその枯葉の間から新芽が見え始め、あっという間に枯葉色の衣を脱ぎ捨てるのです。次に生まれてくる新芽を守るために、枯葉となって木に残る、自然の持つ知恵に眼を見張るばかりです。

そんなヤマコウバシの葉が落ちないことをおまじないにして、受験生にお守りを作って渡しているというニュースを見ました。親でなくても受験戦争にいる子供たちを思いやる人は多いものですよね。五橋文庫にも運をつかんでもらえるようにおまじないになるものを作ってみました。

明日から先着20名の篆刻体験者にお渡ししますので、篆刻印を彫って、幸運をつかんでみませんか、お待ちしています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください