第4回岩国子供てんこく教室、行燈に挑戦!

行燈キットの組み立て

第4回岩国子供てんこく教室は、岩国市民文化会館で開催しています。

今年は、いつもの額装の作品に加えて、印を押した行燈を作ります。その行燈は、11月第2土・日に行われる「錦帯橋芸術祭」のとき、横山にある岩国徴古館、吉川史料館、五橋文庫に並びます。昼間はしっかり印を観ていただきますが、夕方からのナイトミュージアムの時間には、あかりを灯して皆様の足元を照らします。

行燈でき上がり

今年初参加の1年生、行燈組み立てに、初めてトンカチで釘を打ちました。そして、自分で彫った印を押した和紙を巻いて貼りました。印の文字は「十人十色」です。まったく、驚きの小学1年生!

作った印を押印

印つくりに夢中

昨年も体験した先輩たちは、うかうかできません。真剣に印を作っています。

次の教室が、楽しみです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください