みんなが審査員!岩国子供てんこく教室

第4回岩国子供てんこく教室発表会

秋の芸術祭に恒例になりました岩国篆刻会主催の、岩国子供てんこく教室の発表会も今年4回目を迎えました。岩国市横山にある吉川史料館内御駕籠部屋ギャラリーで、10月25日から展示を始めました。今年の作品は、額仕立ての作品に加えて、行燈の作成もいたしました。子供たちもが金づちで組み立てた行燈に自分たちの作品を張り付けました。この行燈は11月9日と10日に行われます「錦帯橋芸術祭」のナイトミュージアムの時には灯りをともします。吉川史料館、岩国徴古館、そして五橋文庫ではお庭に並ぶ灯りとなって、皆様に幻想的な武家屋敷の風情をお楽しみいただけることと思います。

今回も小学1年生から高校2年生までのメンバーが、無心になって彫りあげた篆刻印の作品は大人も顔負けの力作ばかりです。どれも甲乙つけがたく思いますが、観覧者の皆様にはぜひとも審査員になっていただきたく思います。初めての事ですが皆様にお手伝いいただけたらと思います。備え付けの投票用紙には、気に入った作品に「いいね!」、「よく頑張った!」、「感動した!」のお言葉をいただきたく準備しています。少しのお時間を子供たちにいただけますか、よろしくお願いいたします。

審査箱

 

看板

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください