英語にチャレンジする美術館・五橋文庫

英語のキャプション

開館当初から英語表記を願ってきたのですが、美術品の専門用語にはなかなか追い付かないまま・・

やっと今日から英語表記をしてみました。日本英語になっているかもしれませんが、一歩前に進んでみることになりました。

焦らず少しづつ続けていきたいと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください