「五橋ラベルめぐりスタンプラリー」始まる!

五橋ラベルめぐりスタンプラリー

5月25日から「五橋ラベルめぐりスタンプラリー」が始まりました。

本家・松がねで開催中の「五つの酒蔵展」で岩国市の酒蔵の展示が行われています。

「五橋」で知られる酒井酒造の展示のコーナーには、篆刻印になった五橋のロゴの印を押せる企画があります。ロゴ印をゴム印ではなく篆刻印にしたのは、錦帯橋ゆかりの独立性易禅師が「日本篆刻の祖」と言われるからです。

そして、酒井酒造の銘酒「五橋」という名前も、錦帯橋に由来します。明治4年(1871)創業の酒井酒造の3代目当主が名付けて、ロゴも書いて売り出したのが「五橋」です。

五橋ロゴ篆刻印

当館は、その酒井酒造の美術館として、書画・陶磁器・篆刻印・文房四宝などの展示をしながら岩国の歴史と文化に関わることを取り上げていきたいと思っております。

まずは、松がねで岩国市自慢の歴史と文化をご覧ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください