実りの秋 イセヒカリ

実るほど首を垂れるイセヒカリ

黄金色に色づき始めたイセヒカリは、日ごとに首を垂れています。さすがに台風10号の時は館内に避難しましたが、今朝も青空にその輝きが美しい。

種まきから苗になり、すくすく育ったイセヒカリは陽を浴びると輝いて見えます。

平成元年の台風でなぎ倒された伊勢神宮神田のコシヒカリの中に、2株だけ直立する稲がありました。

この貴重な2株がイセヒカリと名付けられた稲です。コシヒカリよりも少し丈が低く華奢ではあっても強風に強い稲。茎が女性的でしなやか、全体的に小ぶり。葉は何時までも青々として、穂が見事な黄金色。アミロース含量の高い硬質米のイセヒカリが五橋文庫で育っています。

このお米でお酒を仕込みますが、ご飯としても美味しいそうです。今年は水加減を習って食べてみたいと思っています。

神様のお米・イセヒカリ。昭和天皇から平成天皇へと引き継がれたお米でしょうか・・浪漫を感じます。

光り輝くイセヒカリ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください