海揚りの備前焼 in 五橋文庫

2021年新春の展示は、「海揚りの備前焼 ~酒が文化をつなぐ~ 」と題して1月5日から開館いたします。

お酒は神に捧げるものの一つとして欠かせないものですが、神事だけでなく私たちの生活の中にあるいろいろな祭り、節句にも欠かせません。つまりお酒も文化を育てる役目を担っているのではないかと思います。酒造りも文化であり、長い歴史を刻んでいます。酒井酒造美術館・五橋文庫では、お酒にまつわる内容も交えて来年一年間の展示を企画してみたいと思います。

その第一回目が、海揚りの備前焼を含む備前焼の展示と、酒造りに欠かせない酒米、特に神の米として知られる「イセヒカリ」についての展示を準備しています。

なお、2021年は五橋文庫開館5周年、酒井酒造㈱創業150年を迎えます。開館時間を9時~17時とし、休館日は毎週水曜日に変更いたします。展示替えなどの臨時休館についてはお知らせやホームページをご覧ください。

また、館内では5周年の記念品なども折に触れ準備してみたいと思っておりますので、お近くにお越しの際はお立ち寄りください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください