華麗な牡丹の傍で、何とも愛らしいアジサイが花を咲かせています。青空の下に白い花のさわやかなこと。

すがすがしい気分です。

昨日は少し遅くまで開館しました。いつも4時には終了しますが、A氏の所属される書の団体が、岩国で1泊2日の錬成会を開催され夕方に五橋文庫をお訪ね下さいました。橋本関雪や富岡鉄斎の書画を観られ、夜の懇親会までの時間を使って錦帯橋界隈を散策されたのです。江戸期の和田石英が描いた錦帯橋の絵が、酒井酒造のお酒のラベルの元であることをご説明し、錦帯橋のいわれをお話ししてひと時をご一緒しました。皆様、書を学ぶ方々で、毎年春に岩国に来られるとか、次回は何を観ていただこうかと思案しそうです。ようこそのお越しをいただき感謝でした。   館長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください