岩国藩の御用窯「多田焼」

今日は曇り空で、蒸し暑い錦帯橋かいわいです。

次の展示のご案内です。

岩国藩の焼物の歴史は、1700年代の元禄時代に、京焼の陶工を招き、その指導を受けて岩国の多田に窯を築いたことに始まります。

多田焼、吉向焼、錦屛山焼などで、岩国藩の焼物の歩みを展示します。

一旦途絶えた多田焼が、昭和に復興していることも含めて、ご覧いただきたいと準備しております。 館長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください