岩国藩の多田焼

元禄13年(1700)に岩国の多田村に窯を築いた多田焼は、写真のように貫入のはっきりした肌をしています。岩国の陶土に釉薬をかけて焼き上げて、「白貫入」と「青貫入」の2種類がありました。

ほかにも青磁や染付などで茶碗をはじめ、茶道具をいろいろ造っていました。

京都の陶工の指導を受けて始まった岩国の藩営のやきものは、足軽たちと茶人により焼かれ、水戸藩から所望されるほどであったと、史実にあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください