梅雨の合間の無為自然

今朝はすっきりと青い空です。菖蒲の花を求めて多くの家族連れが散策しています。

 

 昨日は雨に打たれていた菖蒲も、

今日は背筋をピンと伸ばして凛としています。

初夏の緑は目に鮮やかで美しい。

 

 

「人間萬事在周夢」とある富岡鉄斎の画です。

「無為自然」を意味する「胡蝶の夢」を描いています。

「無為自然」とは「あるがまま自然に生きる」と言えばよいでしょうか。

「あるがまま・・」は言うは易く行うは難しです。でも、理想の生き方かもしれないと思うようになりました。

行き詰まってジタバタしているときに、理事長から言われる一言がこの言葉でして、いつもハッとさせられ、我に返ります。

毎日、ここ岩国の横山に通うと、お城山や錦川、そして、四季折々に彩られる吉香公園に心が癒されていることを感じます。      館長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください