岩国子供てんこく教室作品展

第3回岩国子供てんこく教室は、この夏休みにサンライフ岩国で開催しました。そして参加した11人の子供たち(小学生、中学生、高校生)が集まって、基礎から学んだ篆刻作品を作りました。四字熟語を選び、初めて篆書体の文字を字書から探して印稿を作る姿は、未知なる世界に踏み込んだ驚きや戸惑いがあるようでした。しかし、子供たちは慣れるのも早く、鏡文字にして石に文字を書き込み、一気に彫りあげました。

その作品展が、吉川史料館にある御駕籠部屋ギャラリーで10月25日から11月20日まで開催されます。子供たちの力作をご覧くださいませ。

期間中には、錦帯橋を渡って山側の岩国横山では、岩国篆刻会主催の篆刻体験教室や錦帯橋芸術祭など、沢山の催しが準備されています。錦帯橋を照らす篝火や、吉川史料館内での感謝祭「山花祭」もぜひご覧ください。

11月10日11日の五橋文庫は、10時~16時まで入館割引で500円とし、そのあと延長して、夜7時30分までのナイトミュージアム(16~19時30分は入館無料)を開催します。館内でのジャズも初めての企画ですので、美術館での音楽をお楽しみください。

11日には10時から15時まで、復興多田焼作家・田村雲渓氏のお茶のおもてなし(先着50人)が行われます。

秋は文化芸術の季節です。歴史の香り豊かな横山を散策しながらお楽しみください。  館長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください