岩国基地で篆刻体験

 

今年で4回目になる岩国基地内での篆刻体験教室です。今年は43人の方たちが彫りました。初めに錦帯橋ゆかりの独立禅師の話、錦帯橋との関わり、そして、日本篆刻の祖であることを英語でわかりやすく説明する美紀恵さんには感心するばかりです。彼女は基地の皆さんの人気者で、岩国での暮らしに文化を紹介して、毎日に潤いある時間を提供する素敵な女性です。

漢字1文字でイニシャルの印を作ろう!と、初めて見る篆書体の文字を一生懸命に彫っていました。12歳サミュエルは「冴」と8歳テイモシーは「汀」を母親と並んで彫っていましたが、何と「うまい!」の一言でした。

アメリカにいるお母様にプレゼントするというご一家カタヤさんはの共同作業の印「嘉」を、芸術性豊かに彫りあげました。

岩国篆刻会には、9月より篆刻を始めたザックが通訳の応援に入り、より分かりやすい説明のある体験講座が行われました。楽しいひと時をご一緒できました。また次回も楽しみです。  館長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください