紅葉真っ盛り五橋文庫

秋も深まり、銀杏の葉もすっかり落ちてしまいました。今年は台風の影響で早くから葉が落ちた枝に、無数の黄色い実がついている姿が見られ、目を見張るばかりでした。葉の落ちた枝の黄色く丸い実が、秋の香りを放ち地面を黄色の絨毯にしています。毎朝箒を持つボランテイアの方のご苦労もあり、横山の秋は木々の紅黄葉を、目と鼻とで楽しみながら深まっていきます。ジョウビタキの声がするようになってきましたから、これからは耳も楽しみを探しますね。

四季がある国に生まれ、五感のあることに感謝する季節です。

五橋文庫のしだれ桜もすっかり葉が落ちてしまいました。来春に向けて準備の季節でしょうか、つぼみの膨らむの静かに待ちましょう。

昨夜の満月を見た方も多いかと思いますが、本当に澄んだ空に大きく輝いていました。一日の疲れが癒される思いで家路につきました。

明日は「本家松がね」での篆刻体験です。五橋文庫も開館していますので、体験したら、錦帯橋ゆかりの独立禅師の書と清代の篆刻家呉昌碩の印や斉白石の印を観るのはいかがでしょうか?芸術の秋は、体験で触れることと、本物を観ることで充実した満足感が味わえることと思います。岩国ならではの秋の一日をお過ごしください。  館長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください