いよいよ最終日をむかえる「DCの篆刻体験」

一昨年秋から始まったDC(デステネーションキャンペーン)のワークショップ「篆刻体験」も12月13日が最終日となりました。今のところ予約も順調で、今年も沢山の体験者と楽しい時間をご一緒しました。最終的には今年は440人くらいの人数になりそうです。

昨日は岩国市観光協会のホームページなどで見たからと、篆刻体験が目的で北九州から見えた5人のグループ。皆さん、それはそれは熱心に彫っていかれました。独立禅師の話にも興味深く耳を傾けていただきました。名前の一字、フルネームで4文字の印、あえて平カナにという方、ご自分の好みの形でした。基地からは3人の女性が、ファーストネームの一字を漢字に置き換えて、その漢字の意味を聞いたうえで彫りました。押印した時に上がる歓声は、満足した歓喜の声でした。この瞬間を楽しみに頑張れるなぁと思います。

錦帯橋ゆかりの独立禅師の篆刻体験は、五橋文庫でも同時開催中です。今日も周南市からご夫婦で名前の印を彫って帰られました。初めて石を彫ることは、不安もあり戸惑うばかりのようですが、「集中した!」と達成感が味わえたようです。

他の企画も含めたら、この3年間で体験者は1500人を超えたかと思います。これからも続く岩国の「独立禅師の篆刻体験」は五橋文庫を中心にして行いますので、ご希望の方はお電話ください(℡090-4655-2990)。彫りたい大きさ、文字数、会場や時間についてはご相談させていただきますので、よろしくお願いいたします。なお、五橋文庫のホームページに「篆刻体験」がありますのでご覧ください。館長

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください