五橋文庫で李朝のやきもの師チェ・ジェホに会える

月壺と水滴

2004年に山口県に住み始め、本場李朝のやきものを作っている人、韓国生まれのチェ・ジェホ(崔在皓)氏は今や売れっ子の陶芸家として活躍しておられます。李朝が好きな人には興味深い陶芸家です。

五橋文庫開館前に、對州窯の小林東五氏とも歓談され、やきもの談義で花が咲きました。同じ李朝のやきものを愛してやまないお二人のご様子を、肌で感じた時間でした。

このお二人の作品を、今年の秋に五橋文庫で展示する予定です。

秋は錦帯橋芸術祭もあり、五橋文庫は今までにない世界が見られることと、ワクワクします。 素敵なお月見をご一緒できること楽しみです。 館長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください