「まるごとにっぽん」へ岩国の篆刻体験(無料)

岩国市観光協会は毎年この時期に、観光宣伝隊がご挨拶に出かけています。

今年2月16日・17日は、五橋文庫から篆刻体験のワークショップに参ります。まるごとにっぽんの3階で岩国市観光物産展を行いますが、「みんなでたいけん」のコーナーに気軽にご参加ください。

篆刻は、紀元前の秦の始皇帝の時代にできた漢字の形、篆書体を彫るから篆刻と言います。彫りたい文字1文字を、石に篆書体で書き込みますので、皆様はその文字を彫られたら出来上がりとなります。約30分くらいで完成し、彫りあがった印はお持ち帰りいただけます。

ところで、なぜ岩国で篆刻体験のワークショップをするのか、これには理由があります。

岩国の名勝・錦帯橋は澄んだ錦川に架る美しい橋ですが、その錦帯橋があの形になるヒントをくれた人「独立性易禅師(どくりゅうしょうえきぜんじ)」が、「日本篆刻の祖」と言われる人だからです。独立禅師は岩国に4回、医師として招かれて来ましたが、多くの書画や、吉川広嘉公との交流が古文書に残って、吉川史料館や岩国徴古館に保存されています。その歴史的、文化的な記録は岩国市の宝です。

篆刻体験をすることで、錦帯橋や岩国に残る歴史や文化芸術に触れていただけたらと、五橋文庫・岩国篆刻会は「チーム独立」のボランテイア活動をしています。

是非一度、篆刻体験をお楽しみください、当日は赤いユニフォームを着て、会場でお待ちしています。 館長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください