やさしい視線の絵、桑重儀一画伯

すっかり新芽のヤマコウバシ

紅梅にひとつ梅の実がなる


昨日の冷たい雨もすっかり上がり、桜の花びらがハラハラと舞い落ちています。木々の枝にはやわらかな色の新芽が、おひさまに輝いています。すぐ側のお堀では花菖蒲の苗の植え付けが始まりました。6月初めの菖蒲まつりが楽しみです。

桑重儀一展


少し静かになった錦帯橋かいわいですが、こんな日はやさしい絵画を鑑賞するのにもってこいです。桑重儀一画伯の描く女性の視線はとても優しく、穏やかな気持ちになります。  館長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください