一夜明けた夢のあと 「歴史散歩道」

昨夜の「錦帯橋花火大会」は、先日の水害による犠牲者への追悼の花火から始まりました。

未だ復興に向けて汗を流している皆様には、一日も早く元の生活をの思いがつのります。

夜空に上がる花火は、大輪の花となって多くの市民を楽しませていました。

錦帯橋周辺では年間にいろいろな行事が行われています。関係者の全力の準備で催しが盛り上がった後、翌朝の会場周辺、横山の歴史散歩道はいつもと変わらない状態に戻っています。

本当に見事なほどにゴミひとつなく、静かな散歩道です。

岩国の人だけでなく、日本人は皆さんきれいな町はきれいに使い、保つことができるのだと、今朝また感動を覚えました。本当にすごい!

日本人の美の心はこんな日常にあるのでしょう      館長

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。