再興を目指して「多田焼」

いよいよ6日から始まる展示

「岩国藩の御用窯~多田焼~」です。

再興を目指して2代田村雲渓氏のつくる茶道具(写真)は、多田青磁のものです。ほかに多田焼という少し黄色身を帯びた釉薬ですが、2種類の釉薬を用いて焼いています。その釉薬の調合は江戸時代の記録を参考にしているとのことです。

2代雲渓氏は、1985年には全国陶芸展で文部大臣賞も受賞した腕前ですから、その作品は技術的にも本格的なつくりのものです。せめて吉川経幹の時代にあらわれていたら・・

今回の展示に関しては、この焼物の歴史的なご説明もできるように準備しましたので、沢山の皆様に岩国藩の御用窯の背景もいっしょに見ていただけたらと思います。  館長

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。