七夕に泳ぐ鯉

九州から中国地方にかけて、激しい雨が降り続けました。

昨夜は岩国市内全域に避難勧告、避難準備のお知らせがでて、不安な夜を過ごしました。

五橋文庫のある横山地区は冠水したとの知らせに、自宅待機をしていたのですが、やっと雨が止んで少し水が引いたよと・・メールが届き、出かけてきました。

来てみましたが、7日の13時現在、五橋文庫の前はまだ海のような状態です。これは今日はやむをえません、一日臨時休館としました。

 幸い、五橋文庫の建物もお庭も少し高くしてありますので、床下も床上も被害はありませんでした。塀の中から身を乗り出して様子を見ました。五橋文庫の側にある菖蒲のお堀、その周りのサツキの生垣はすっぽりと水の中です。佐々木小次郎の銅像もぽつんと取り残されたかのようです。そして、目の前を1mもありそうな大きな黄色い鯉がゆうゆうと泳いでゆきました。何という事でしょうか、今日は七夕です。天の川を楽しみに見上げる空と星は厚い雲に遮られ、横山一面の海には鯉が泳ぐという不思議な光景を見たことでした。

今夜も雨のようですが、明日はこの水がないことを願っています。

皆さまのところにも大きな被害がないことを、心より願うばかりです  館長

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。